印鑑とスーツを着た男女

印鑑の名前ですが基本は

捺印をする

印鑑の名前ですが、基本は自分の名前にします。それ以外でも出来るのか、といいますと実印でないのであれば問題ないこともあります。ですから、普通は印鑑は自分の名前にするのが当たり前になります。実印の場合、実は細かい規定があることがあります。これは自治体によって違うことになります。特に大きさに関しては細かい違いがありますから、まずはそちらを確認したほうがよいでしょう。ちなみに大きい方が基本的には使い勝手がよくなります。細かい彫りこみができるようになるからです。印字体というのがあるのですが、これを少しでも複雑な物にしたほうが偽造がされにくくなります。
それこそがベストであるといえます。実印は認印などと違って、相当に重要な印鑑になります。ですから、しっかりと保管しておく必要がありますし、印影にも拘ったほうがよいに決まっています。印材から拘ることができるようにもなっています。例えば子々孫々に伝える為に象牙などを使っている人もいます。翡翠などもありますし、最近ではチタンなどもあります。特に材料には拘らない、と言う人もいます。兎に角、実印とは印鑑証明をしている物であればよいからです。但し、偽造対策はしたほうがよいでしょう。