印鑑とスーツを着た男女

仕上げは機械か手作業かを確認

はんこ

印鑑という物は、昨今では機械によって作成される事も多いです。敢えて手作業でなく、機械でそれを作る訳ですね。ところで印鑑には、2つの工程があります。まず大まかな形状などを作っていく事になるのですね。それが完了したら、今度はより細かな印字などを施して、「仕上げ」をする事になります。そして、その2段階目の作業がとても大切なのですね。なぜなら、それは類似性に大きく関わってくるからです。そもそもある業者にて印鑑を作る方々は、1名だけではありません。過去に多くの方々が、その印鑑を作ってきた訳です。ところで今までに作成した印鑑と、これから作成する印鑑で、たまに印字が大きく似てしまう事があります。
つまり、そっくりの書体ができてしまう事があるのですね。なぜかというと、2段階目の仕上げが機械作業になってしまっているからです。それが手作業ならば、2段階目の印影が類似する確率は非常に低いのですね。しかし機械で仕上げてしまえば、やはり作成パターンなどの問題があるので、どうしても形が似通ってしまう傾向があります。印鑑の作成希望者としては、それだけは避けたい事が多いのですね。ですのでオリジナル性が高い印鑑を希望する時には、「仕上げが手作業なのか」をよく確認するのが望ましいでしょう。